西脇の家

 


西脇の家

house in nishiwaki

 
『低く静かに佇む切り妻の家』 
 
大浜街道から一本隔てた住宅街に建つ住宅です。 
 
施主の要望は親夫婦との同居を見据えた計画であること。 
そして静かに佇むような家にしたいということでした。 
 
400平方メートルという広大な敷地を利用して 
各部屋が有効的に南面するように、 
東西に長く伸びた平面構成としました。 
廊下を極力抑えながら引込み建具を随所に使い、 
外部にも内部にも開放的な空間となっています。 
 
高さが低く抑えられた緩勾配の切り妻屋根が、 
奥へ奥へと上っていくように連なる外観には、 
凛とした美しさが宿ったと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
用途          住宅
所在地     静岡県富士市
構造          木造
敷地面積     651.81m²
建築面積     92.74m²
延床面積     119.65m²
(1階79.49m² 2階40.16m²)
設計期間   2009.8-2010.4
工期   2010.5-2010.11