廻り庭のある家


廻り庭のある家

sequence garden house

 
周辺を建物に囲まれた住宅街での計画です。
建築主は「二つのガレージと周囲の視線が遮られた住まい」を要望としてあげられました。
 
一つの解として、周囲を拒絶する塀で囲むのではなく、
自らの建物の配置の工夫でプライバシーを守ることのできる“分棟スタイル”の住宅を提案しました。
 
周辺建物の大きさや窓の位置をよく観察したうえで、
ガレージを含めた大小さまざまな大きさの棟を、中庭を囲うように配置しました。
分棟により、建物のボリュームは分散されているため、風通しや日当りも良くなります。
 
二つのガレージに挟まれた門戸を抜けると、
正面には中庭が見え、訪問者を迎え入れてくれます。
林立する棟の間隙には、それぞれ固有の小庭が生まれ、
建物を巡りながら趣きの違う庭を楽しむ事ができます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
用途           住宅
所在地      静岡県富士市
構造           木造
敷地面積     430 .29m²
建築面積     172 .03m²
延床面積     226 .86m²
(1階161.99m² 2階64.87m²)
設計期間    2012.9-2013.12
工期      2014.1-2014.11